「パーマ戻し」とは何か

パーをかけた人の中で良く言われるのは「パーマ戻しを使っている」という事です。パーマ戻しについては、実はそういった分類をするヘアケア剤はプロの美容師はあまり認識していない様なんですね。パーマ戻し、という言葉はあるメーカーさんが使っていたようで、確かにそのスタイリング剤を使えばパーマのウェーブが戻ってキレイにスタイリングできるようなのですが、それは普通のムースでも同じ働きが出来る様なんですね。ですから美容師の中にはパーマ戻しとは普通のムースと同じ、と位置付けている人もいるようですね。ただパーマ戻し、と認識されているものは乾いている髪でも素早くカールを戻す事が出来る、という事が特徴である、と言われているものもある様です。池袋にある美容院でパーマをかけている人にとっては「パーマが戻る」という言葉はとても魅力的ですから、よく使われるようになったことは当然と言えば当然でしょう。ですがパーマを復活させる、というのは水分量を増やす事で簡単にできる様なんですね。つまりパーマをかけた時のウェーブをできるだけ戻そうとするならば、手っ取り早い事を言えば一度髪の毛を十分に濡らす、いっそのこと髪全体を洗ってしまえばよいのです。それがそのパーマ戻しは乾いた状態で使ってもそれだけの効果がある、という事になっているのでしょうか。パーマ戻し、というスタイリング剤がよくつかわれている様ですが、実はパーマのウェーブをしっかりと出すために必要なのは、水分とスタイリング剤である、と言われています。それはパーマと言うのは髪の毛が濡れた状態で一番強くウェーブが出るので、一度水分を含ませることでしっかりとウェーブを出すんですね。そしてその状態をスタイリング剤で固めてしまう、という原理の様です。具体的に言えば水をスプレーして髪の毛を濡らしてウェーブを出し、その状態をムースでスタイリングする、というやり方です。ですからパーマ戻し、というスタイリング剤は、これをいっぺんにやってしまう事が出来るスタイリング剤である、と言えるでしょう。ですが一般的なムースの方がスタイリングに関して言えばキープする力が強い様なので、美容師の間では水+ムース、というやり方の方がキープ力が強い、と言う美容師もいるようですね。ムースも色々な種類があって、キープするには固めに仕上げる事が出来るムースを選ぶ人が多いですが、その仕上がりはちょっとバキバキになった感じになってしまうので、自然さが失われてしまいます。特に女性ならもっと自然な感じの仕上がりの方が好まれると思うので、そんんあいハードなムースを使う必要はないと思われます。