シャンプーのやり方

みなさんはシャンプーをする時にはどのようにやっているでしょうか?その様な当たり前の事を聞かれても困る、と言う人もいるかもしれませんが、意外とシャンプーのやり方を間違っている人は多い様なんですね。シャンプーのやり方を間違う、ってどういう事なんだろうん?と不思議に思うかもしれませんが、実はシャンプーのやり方次第では髪の毛にとっては良くない刺激を与えてしまう事になるんですね。シャンプーをする時には髪の毛を濡らすので、どうしても髪の毛のキューティクルが開いてしまうんですね。その開いた状態のまま髪の毛をゴシゴシと洗ってしまうとキューティクルを傷つけてしまう事になります。特に髪の毛をこすりあわせる様にして洗っている人は要注意でしょう。実はシャンプーと言うのは「髪を洗う」と表現される事が多いのですが、実際にやるべきなのは「頭皮を洗う」と言う事なんですね。川越の美容院では髪の毛は必要以上に洗うと傷つけてしまうだけなんです。ですからシャンプーを泡立てて本当に一生懸命洗うべきなのは頭皮であって、髪の毛ではない、と言う事を意識しておきたいものです。もちろん髪の毛も外部からの刺激で汚れている事も有ります。ですがそれらのほとんどは、最初にお湯で洗い流すだけで落とす事が出来る程度のものだと言われています。きちんと毎日シャンプーをする事は髪の毛にとって良い事だ、と思っている人は少なくないでしょう。ですがこのシャンプーと言うのは実はやり方によっては髪の毛にダメージを与え続けることにもなるんですね。その一つは使っているシャンプーの質です。髪の毛にとって良くないシャンプーがある、というのはにわかに信じがたいことかもしれませんが、実際にはその成分によっては髪の毛に良くないものもあるのです。良く言われているのが石油を主成分とした洗浄力の高いシャンプーです。こういうシャンプーの方が大量生産されているので値段が安く、多くの人が使いやすいシャンプーとなっています。ですがこの石油系のシャンプーは洗うたびに髪の毛が必要以上に洗われてしまうので、必要な油分や水分まで洗い流されてしまうのです。ですからこの手のシャンプーを毎日使い続ける事は、毎日少しずつ髪の毛の水分や油分を奪い取っていくことになんですね。長い間そのシャンプーを使い続ける事で髪の毛はぱさぱさになってしまうのです。多くの人がその事にあまり気付かないのはリンスやコンディショナーを同時に使用しているからなんですね。リンスやコンディショナーには手触りを浴するような成分が含まれていて、一見髪の毛がキレイになったように思うのですが、実は表面をコーティングしただけであって、パサつきの改善にはなっていない事が多いのです。