プチイメチェン

イメチェンと言っても、人が驚くほどのイメチェンをするか、ちょっとだけ雰囲気を変えたい、と思うかによってその方法は違ってきますよね。驚くほどのイメチェンとなると、結構真剣に考えて美容室を選んだりヘアスタイルを決めたりしなくてはいけませんね。ですがちょっとしたイメチェンをしたい、というのであれば、そういう時こそ別の美容室へいってみる、と言うのも良いかもしれません。そういう時にはわざわざイメチェンしたい、というのではなくて、普通の感じでいつもとは違う綱島の美容院へいって、なりたいスタイルをオーダーすればよいと思うのです。別の美容師がカットした、というだけで雰囲気は変わってくるものです。それは美容師のセンスやテクニックがそれぞれ違うからですね。これまで「これが似合う」と言ってくれていた美容師ではなく、別のセンスを持つ美容師お願いしたら「似合う」と言うスタイルも違ってくると思うのです。もちろんどちらが良いのか、と言う事は周囲の評判で判断するしかないのですが、自分でも違う美容師が担当する事で、なんらかの変化を感じる事が出来ると思います。それに何よりもこれまでとは違う美容室へ行く、というだけでエネルギーを使う事です。それだけでも立派なイメチェンが出来ているのではないでしょうか。これまでお世話になっていた美容師ではなく、まったく新規の客として別の美容室に来店したならば、そこではこれまでにない感性の美容師たちが待っていてくれるはずです。人の感性は様々で正解と言う物は有りません。人が客観的に見て好きか嫌いか、綺麗かそうではないか、と評するだけの事ですよね。ですから別の美容師にお願いしたヘアスタイルでは失敗する、という事もなければ、新しい美容師の方が絶対に良い、と言う事も有りません。ですがイメチェンと言う事に関して言えば、全く新しい事にチャレンジする、と言う意味合いで全く知らない美容師にお願いしてみるのも良いのかもしれない、と思いますね。その新しい感性で新しい自分にしてもらうのも良いのではないでしょうか。もちろんそれまで通っていた美容室に対して、後ろめたい気持ちになってしまう事もあるかもしれません。ですがもしもそれが失敗であった、とか、やはり前の美容室が良い、と思うのであれば、正直に話してまた元の美容室に戻れば問題ないと思います。別の美容室へいってみたけれどもやはりここが良い、と言われて悪い気がする美容師はいないと思いますね。せっかくイメチェンを決意したのですから、そういう大冒険をしてみるのも一つの方法かもしれません。