メーカーとディーラー

美容室を形業するにはその場所や設備があるだけでは開業できません。そので使うための薬剤や消耗品などをそろえておかなくてはなりませんね。それらを仕入れる先は多くの場合は美容メーカーさんや美容ディーラーさんです。自分の美容室のコンセプトなども考えて、どんなメーカーさん、どのディーラーさんにお願いするか、と言う事の選択を上手く考えなくてはならないでしょう。メーカーさんもディーラーさんも仕事ですから、開業すると聞きつければなんとかして使ってもらおうとするところも多い事でしょう。どういった所と付き合っていくか、と言う事は疎の美容室の経費にも大きく関わってくるところでもあります。多くのものは消耗品ですから、必ず月々の経費として必要になってきます。そこでいかにうまく発注して使うか、いかに良いものを安く仕入れるか、と言う事が経営者の手腕の見せ所でもあるでしょう。宇都宮の美容院の経営者の中には美容師としては優秀であったけれども経営に関しては実際には素人である、と言う人も多いものです。しっかりとこの辺りの事を学んでおかなくては経営につまずいてしまうでしょう。逆に美容師の経験はないけれども経営のプロである、と言う人が美容室を経営するケースも有ります。そう言った人はメーカーさんやディーラーさんとのやりとりも上手いかもしれませんね。美容室を開業するならば、まず考えなくてはいけない事は開業したら翌日からお客さんに来てもらわなくてはならない、と言う事です。そのためには「どこに」「いつから」「どんな美容室が」開業するのか、と言う事をあらかじめ多くの人に知っておいてもらわなくてはならないと思われます。つまり開業した日から「さあこの美容室の宣伝をしよう」では明らかに遅いと言う事ですね。開業の日からお客さんを迎えるためにはそのかなり前から集客のための準備をしなくてはなりません。まずは美容室がオープンする事を告知する事ですね。その方法はチラシだったりホームページの開設で会ったりと様々です。最近は大きく分けて「紙で発信するか」「WEBで発信するか」という二種類の方法がありますね。そのどちらにするか、もしくは、両方にするかと言う事を考えなくてはなりませんが、それぞれに用途が違ってきます。チラシを配ればわざわざWEBを自ら開かなくてもDMなどならポストに入っているものを手に取ってもらえますし、ポスターなら目に飛び込んでくるものです。美容室を探していない人の記憶にも残す事ができます。ですがWEBでの発信と言うのはその人がWEBにアクセスしない限りはその情報は届ける事が出来ません。既存のお客様のアフターフォローなどには適しているかもしれませんね。