価値観の変化

年齢を積み重ねていくと、者に対する価値観と言うのは誰でも変化していくものですよね。美容室でヘアスタイルをと問えることに対する価値観も同じだと思うのです。年齢を重ねていくと当然ながら好みのヘアスタイルも変わってきます。若い頃は怖いもの知らずでパーマにカラーに、と色々な事を楽しむ人が多いと思いますが、結婚して子供が出来たりすると、生活に追われるようになりヘアスタイルはとにかくスタイリングやヘアケアが楽な方が良い、という価値観に変わる人は多いものです。さらに年齢を重ねると年齢的な悩みが出てくるので、美容師とのカウンセリングを充実させたい、と考える人も増えてきます。髪の悩みを打ち明けやすい美容師に担当してもらいたい、と思うようになるかもしれません。若い頃であれば美容師を選ぶ時の基準もただ技術が良いだけではなく「トークが楽しい」「イケメン」などと言う事も指名の理由になっていたと思いますが、それらのことは年齢を重ねるともはや重要ではなくなってくるかもしれません。そういった価値観の変化が出てきた時に、果たして今の美容師で良いのだろうか?という疑問を持つ人もいると思います。長年担当してもらっているからこそ、今更言えないような悩みがあったり、好みを解ってくれている、と思っていたけれどもその好み自体が変わってしまったんだけどな、と思うような事もあるかもしれません。長い間同じ表参道の美容室やヘアサロンはカラーやトリートメントが人気に通っている間に自分の生活スタイルが変わってしまう事もあるでしょう。たとえば学生の皆さんなら新たな進学先や就職先が変わってしまって、これまでの美容室に通う事が実質難しくなった、というようなケースも有りますし、結婚して家庭を持ったところこれまでの美容室に通うにはちょっと予算が合わなくなってしまった、と言うような事も有ると思われます。いくら常連のお客さんだからとはいえ、そのお客さんのニーズに合わせて営業時間や料金体系を美容室側が変える訳には行きません。ですからどうしてもお客さんの方があきらめなくてはならなくなります。それは仕方のない事ですね。また生活が変わった事によりお客さんが美容室に求めるものも変わってくる可能性もあります。これまではカラーリングを楽しんで来たけれども、就職先ではカラーの規制が厳しく、カラーリングをする必要が無くなった、と言う事もあるでしょう。カラーリングの良さや好みの髪色に仕上げてくれる確証があったからその美容室へ通っていたのであれば、もはやその美容室でなくてはいけない理由が無くなってしまいます。また生活の変化で自分の価値観が変わってくる事も有ります。これまではパーマにカラーにと楽しんでいたけれども、結婚して子供が出来たらそんな事には構っていられなくなった、と言う事もあるかもしれません。