日焼けを防ぐ

夏の髪の毛のダメージを防ぐ対策として、まず考えたいのは髪の毛を紫外線から防ぐことです。みなさんは夏には肌を紫外線から守るためにできるだけ肌を紫外線にさらす事のない様に長袖や長ズボンを着用したり日焼け止めを塗ったりしますよね。ですが髪の毛に対してそこまでの防御を考える人は少ないかもしれません。江古田の美容院ですが髪の毛も肌と同じように紫外線にさらされるとかなりのダメージを受けます。本当なら肌と同じように何かで覆ったり日焼け止めを塗るべきなんですね。最近は髪の毛にも使える日焼け止めスプレーが販売される様なりましたから、ぜひ使った方が良いですね。また帽子を被る、日傘をさす、などしてできるだけ髪の毛が直接紫外線にさらされる事が無い様に意識した方が良いですね。また可能ならばできるだけ日差しの強い日には、紫外線の一番強い時間帯である午前10時から午後2時には外出しないようにする方が良いでしょう。この時間帯に日差しを浴びるのは普段の倍の量の紫外線を浴びる事になるそうですから気を付けた方が良いですね。防止や日傘などを利用する時にはできるだけUVカットの効果があるものを使うとよいでしょう。日焼け止めスプレーなどは場合によっては頭皮に合わない事もありますから、テスターで試してみると安全ですね。髪の毛の健康と言うのは血流と大きな関係があります。血行が悪く血液の流れが十分に頭皮に行渡らないような状況であると、髪の毛にも栄養分が届かなくなってしまいます。そのためには体が冷えすぎないようにして血行を良くしておくことが大切なんですね。夏は暑いので体が冷えたりはしないだろう、と思っている人は多いかもしれませんが、実はその逆であるケースも良くあるのです。特に気を付けたいのは冷房と冷たいもを摂取する事です。熱中症に注意しなくてはならない、と言う事を近年の猛暑の中では言われているので、ついつい長時間冷房にあたっている生活をしている人も多いと思います。特にこの冷房による冷え性になってしまうのが女性の皆さんです。仕事で一日中冷房にあたっている、と言う人でスカートなどを着用している人、靴下をはかない服装をしている人は要注意でしょう。カーディガンを羽織る、ひざ掛けを使用するなどして冷房の当り過ぎに気を付けた方が良いですね。また暑い時期はついつい冷たいものを摂取してしまいます。氷のたくさん入った冷たい飲料をたくさん飲んだり、かき氷などを食べる事で体が冷えてしまう事も多くなります。意識的に時には体を温めるものを摂取する様にした方が良いですね。