一般的なイメージ

知り合いに美容師がいる、という人の声を聴くと「なかなか日にちが合わないので一緒に遊べない」とか恋人や夫婦となると「一緒に過ごす時間が少ない」「子どもと遊んでもらえない」といった話が聞かれます。どうしても土日が休みではない美容室となると、そういうすれ違いが起こってくるんでしょうね。ですから一般的には彼氏や結婚相手に美容師を選ぶと大変だ、という意見が多いようです。一方で休みの日でもファッションなどにこだわるあまり、買い物をしているイメージであったり、閉店後や結構華やかに飲みに歩いている様なイメージがあったり、と少し遊び人的なイメージがついている事もあるようですね。特に男性美容師は外見がオシャレでイケている人が多い、という事でこのようなイメージが勝手についてしまっている部分もあるのでしょう。そのイメージとのギャップに悩まされる美容師も少なくないようです。休日の買い物にしてもお金があるから買い物三昧している訳ではなく、オシャレなイメージとキープする為には必要な買い物だったり、世間のトレンドを意識していなくてはならない仕事なので、休日も仕事モードになってしまっている事も多いようですね。実際には遊んでいるつもりは無くてもそう見られてしまうのは美容師の辛いところでしょう。

美容師の休日はどうなっているのか

みなさんが通っている美容室は定休日はどのようになっているでしょうか。多くの美容室では月曜日か火曜日が定休日でそれ以外の日に閉まっているイメージはあまりありませんよね。そうなると美容師の皆さんは定休日しか休みが無いの?週に一日しか休んでいないの?というイメージがありますよね。それに一般的に美容師は忙しくなかなか休めないうえに閉店後も練習があったりして来たくも晩くなる過酷な仕事のイメージがついてしまっています。これから美容師になりたい、美容室で働きたい、と思っている人にとっては、実際には美容師の休日事情はどうなっているのか、ということはとても気になる所だと思います。近年「働き方改革」などという言葉が聞かれるようになったように、色々な業界で過酷な労働条件と言うのが見直されてきています。美容室でもそういった点でなにか改革の様なものがあるのでしょうか。どうしても若いうちは修行があって技術をしっかりと身に付けなければ上に上がれない、スタイリストになれない、というイメージが強くて「一見華やかに見えるけれども現実はとても辛い仕事」と思われてしまう美容師ですが、このままのイメージでは最近の若い人には受け入れられない仕事になってしまうのではないか、と心配ですね。

ピックアップ !!

話題沸騰の最高級オーガニックRolland”Hカラー”にリピーター続出☆
中目黒にある美容院
お店やホームページを常に最新の状態にしませんか?
ヘアカタログ
マンツーマンで丁寧に対応してくれるから頼りになります
新小岩にある美容院