美容師の休日は

一般企業の休日と言えば「完全週休二日」とか「週休二日」と呼ばれるものが殆どで、日曜日休みの企業やお店であればそのほかに平日や土曜日に一日づつ休みが有るような感じで定められていて、月に9日から10日ぐらい休みがあるのが一般的ではないでしょうか。美容室の業界ではそれよりも少し少ないところが多い様ですね。お店の定休日が月に4日あるとすると、その他の所であと2日ぐらい休みがあるようです。ですから月に6日から7日の休みがある、という事になるでしょう。美容業界のそのほかのスタッフ、たとえばネイリストやアイリストのみなさんも同じような感じみていです。ですから数字だけ見ればそんなに少なくは無いじゃないか、と思われるかもしれませんが、月の休みが一日多いか少ないのか、というのは結構な違いだと思います。そして休日とはいえアシスタントの様なまだ勉強をしなくてはならない年代の美容師だと、休日に講習会や勉強会が入ったり、休日にモデルハントをしなくてはならなかったり、という事もありお店に出ていないだけで結局は仕事をしている感覚となることが多いようですね。ですが確かにお店の定休日には休みが取れるようですし、そのほかの休みについては希望の日に休ませてもらえるお店が多いようですね。

アシスタントの休日

美容師と呼ばれる人たちの中でも「アシスタント」というポジションの人たちはかなり過酷な労働条件にある、という事が言われています。美容師になろうとしている人もそういった話に躊躇している人は多いのではないでしょうか。現実としてアシスタントの休日はどのようになっているのでしょうか。そのことについては一概にこうである、とは言えないようです。そのお店によって違う、という事がありますし、近年ではそういった労働条件がかなり見直されてきている、という事もあるからです。確かにアシスタント時代というのは仕事と言うよりはそのお店に合った美容師になるための勉強だったり技術を磨く練習の時間が多く、スタイリストよりは開店前や閉店後の仕事も多くなり、拘束時間が長い、という事があるようです。ライバルよりも先にスタイリストに昇格したいと思うならば練習あるのみ、という世界でもあります。自発的に残って練習をするアシスタントも多いかもしれません。ですが美容室としては定休日以外にも確実に休みが取れる様にシフトを組んだり、希望の休日を聞くようにしたり、講習会に参加する日は出勤とみなされたり、といった制度を設けている所もあるようです。働き先としての美容室を探す時には、その美容室のアシスタントたちの休日の取り方についてよく調べてみる事が必要ですね。

TOPICS

上手い&安い&早い♪大島に黒船襲来!!
西大島にある美容院
リーズナブルな価格なのに、仕上がり満足度はワールドクラス。
新小岩にある美容院
安かろう悪かろうの美容室なんて言わせない!!
小岩にある美容院