お客さんが「気まずい」と思う時

お客さんにとって美容師を誰か一人指名する、という時にはちょっと気まずさを感じる事も有ると思います。たとえばそれは「店長が予約の電話に出たのに新人の美容師を指名する」というような時ではないでしょうか。つまりポジションが上の人に対して「後輩を指名したい」と言わなくてはならない時でしょう。もちろん美容師の皆さんはその様な事は気にしていないと思われますし、ましては店長ともなると新人美容師が指名されたことは喜ばしい事でもあるはずです。ですがお客さんの方では「店長と話しているのに店長を指名しないのは申し訳ない」と感じてしまう人もいるでしょう。そのような気遣いは本当は必要ないものでしょう。ですがお客さんの中にはそういった事が気になる人がいるものでしょう。また「前回とは違う人を指名したい」と思っている事もありますよね。違う美容師を指名しよう、と思って架けた予約の電話に、たまたま前回担当してくれた美容師が電話に出てしまった、というような時もありますよね。そんな時もまるで面と向かって「今回はあなたではなくて別の美容師でお願いしたい」と言っているような気持になってしまって、それは失礼ではないか、と心配してしまう事でしょう。美容師が思っているよりもお客さんは色々と気を使っているような気がします。

美容師の良し悪しと上下関係

お客さんから見ても美容室内における美容師の上下関係というのははかり知ることが出来るものです。ですがその実際の上下関係と、お客さんが思う美容師の評価の順番が一致するとは限らない事もあります。それはお客さんによって美容師の良し悪しを決める基準が違っているからです。美容室内ではそのポジションは経営者や店長の評価、経歴などから決まってくるものと思われます。それは技術だったり指名の多さであったり経験値だったりするのでしょう。ですがお客さんの判断はそれだけではありません。時にはどんなに技術的には優れたものを持っていたとしてもそのお客さんにとってはその美容師の人柄が自分とは合わない、と判断する事も有ります。逆にもしかしたら技術的には大したことは無いのかもしれないけれども美容室内でその美容師と過ごす時間がとても楽しい、と思っている人もいるかもしれません。つまりお客さんが判断する規準と職場で判断される基準が違うんですね。ですから美容室の中でポジションが上の人の方が指名が多い、とは限らないかもしれません。自分が指名したいのはまだ駆け出しの若い美容師である、というお客さんもいるかもしれません。ですがその美容師を指名する事で、他の美容師はどう思うのだろうか?という事が少し気なってしまうお客さんもいるかもしれませんよね。

注目サロン情報

あなたの”キレイ”に寄り添うオールビューティーサロン♪
東花園でネイル
じっくり相談&お任せOK♪
北生駒にある美容院
“大人のキレイ&可愛い”をトータルプロデュース♪
北生駒でネイル