美容師個人の性格

美容室ではおそらく美容師の皆さんにお客さんに心地よく過ごしてもらうためのトークを展開する様に、という教育を受けている事でしょう。ですが美容師も人間ですから自分が本来持っている性格というものが有ります。美容師のトークと聞くとお客さんにとっては「いかにも営業トーク」と感じる事が多いのも事実で、美容師個人の性格から生じるトークとはまるで違っているのだろうな、と感じる事もありますよね。そういったいわゆる「わざとらしさ」というものはお客さんにとってはそんなに気持ちの良いものではありませんよね。確かに褒めてもらったりするのは嫌な気分ではありませんが、やたらと褒める、一生懸命に褒めるところを探している感じ、というのはお客さんにとっては逆に不愉快になってしまう事が多いでしょう。美容師も人間で、お客さんも人間なのですから、もっと自然なトークの方がお客さんを落ち着かせたり、心地よいと感じさせることが出来るのではないでしょうか。そして美容師にも個々の性格があり、本当は人と話をするのは好きではない、という美容師がいても不思議はありません。そういった美容師が無理をしてお客さんに一生懸命に話しかける様子は、お客さんにもその美容師が無理をしている事がバレバレになることがほとんどでしょう。

美容師とお客さんのトーク

みなさんは美容室へ行った時には担当の美容師さんと話をするのは好きな方ですか?たいていの場合美容室内での光景として美容師とお客さんは和やかに話をしているように見えます。ですが実際にはお客さんの方は「美容師とのトークが苦痛だ」「出来れば話しかけてほしくない」と思っている、という話もあります。良く考えてみたら美容師と言う存在はかなり長い期間同じ美容師に担当している場合を除いては「その場限りの他人」という事が言えるでしょう。たとえば洋服を買うために訪れたお店の店員さんとは、必要最小限の話しかしないと思います。ですが美容室ではその場での滞在時間が長いですし、美容師とお客さんとの距離もかなり近いので、むしろ互いが黙り込んでいる方が不自然な様なケースもあります。自分のすぐ背後にいるのにまったく話もしない、というのも不自然な話ですが、今日会ったばかりの他人と楽しい会話をする、というのも普通ではありえない話でもあります。そう考えてみると美容師とお客さんのトークと言うのは一種独特なものが有るような気がしますね。多くの美容師たちはお店の方針として、お客さんを楽しませる、お客さんに心地よい時間を美容室で過ごしてもらう、という事を言われていると思いますし、その一環として楽しいトークをする、という事を言われているのだと思います。

ピックアップ !!

あなたの為の特別なひとときを演出☆
辻堂にある美容院
お仕事帰りにも通えるナチュラルなプチプラサロン♪
辻堂にある美容院
究極の美髪を創り出すダメージレスサロン♪
大名にある美容院